咖啡场景
  • 小坂章子さんのコラム

  • 咖啡场景

会員
5,193
コラム
4,606
投稿者
小坂章子
since
2016-02-25
  • 珈琲がそこにあるだけで、
  • いつもの日常が豊かにふくらみ始めていく。
  • そんな珈琲まわりの徒然話を日本よりお届けします。
  • 自家焙煎マリアッチの珈琲豆本

     コラムのネタを探そうと本棚をぼーっと見つめていたら、とっておきのブツを発見した。豆本である。豆本とはその名の通り、豆のように小さな掌サイズの本をさす。外国では16世紀に聖書の一部を書きうつした豆本が広まったし、日本では江戸時代後期、和紙を使った様々な豆本が娯楽目的で作られていたらしい。
     今回ご紹介する豆本は、[究極の珈琲-フランネル抽出-][究極の珈琲2-黄金のブレンド]の2種。タイトルからしてマニアックだ。筆者は、鹿児島駅西口そばの[自家焙煎マリアッチ]の安藤和義マスターである。デザインと装丁は、安藤さんの娘でデザイナーの宮崎友子さん。友子さんは、この豆本を作るためだけに鹿児島国際大学の先生に教えを乞うたというから、うるわしき親子愛ではないか。
     2009年に限定50冊で製作したという希少な豆本は、ナンバリング付き。私の手元にあるのは3番と23番である。サイズは、タテ7.5センチ、横5.6センチ、高さ1センチ。マッチ箱よりひと回り大きいだろうか。表面の布地は、鹿児島南部の奄美大島で今も大切に受け継がれている伝統織物、大島紬を使用。地場に根づいた贅沢なつくりである。中には、ごていねいにネル布の端切れまで挟み込まれている。私と一緒に手製のネルを作り、抽出してみませんか! ね、やりましょうよという安藤さんの情熱がひしひしと伝わってくるではないか。というわけで安藤さんの近況が気になり、電話をかけてみた。
    安藤「はい、マリアッチです」
    小坂「あ、安藤さん、小坂です、お久しぶりです。あのお、以前いただいた豆本を富士珈機さんのHPのコラムでご紹介したいのですが、いいですか」
    安藤「ええ、それはもちろん構いませんけど」
    小坂「限定50冊で作った豆本は、販売されたんですか」
    安藤「ええ、半分はあげましたけど、半分は一冊1500円でお分けしました。いろんな人から欲しいという声があって、追加で作ろうとしているんですが、大島紬が値上がりしてですね、あの小さな端切れが一枚1500円もするんですよ。それと娘も肩を痛めまして、作るのにけっこう力がいるらしいです」
    小坂「ああ、そうなんですね。で、安藤さんはフジローヤルの焙煎機をお使いですよね」
    安藤「直火式3キロ釜で赤外線と強制排気がついています。もう数えきれないほど改造しましたよ。たとえば排気の量を調節したり、バーナーの調子を安定させたり。うちでは3キロの釜に5キロ用のヒーターを使っているので火がつきすぎて、豆が乾いてしまうんですよ」
    小坂「それは、何か意図があって5キロのを?」
    安藤「いえ、当時、3キロの在庫が当時なかったんです」
    小坂「あっ、そうなんですね、それを今だに使い続けていると...」
    安藤「はい、だから他の人が同じ3キロ釜の焙煎機を持っていても、私と同じものは作れませんし、そこが珈琲の面白いところです。フジローヤルの釜は自分の思う圧力や排気などカスタマイズできますから、世界にひとつ。世界にひとつの焙煎機だから、よそにはない世界にひとつの味ができるわけです。私はもと中南米航路の船乗りでしたからエンジニアではないけど、機械には明るいんですよ」
    小坂「なるほどねえ。今も珈琲教室を続けてらっしゃいますか」
    安藤「ええ、6名限定の教室をやっているんですが、すぐに満員になります。鹿児島以外に天草、宮崎、福岡からもお見えになって、これまでに生徒さんが20軒ほど珈琲店をオープンしましたよ。教室は全12回シリーズで基礎編と初心者編とあります。焙烙鍋で手網焙煎をしたり、私が作ったテキストを読み込んだり。テキストといえば、金沢大学の広瀬幸雄先生の著書[もっと知りたいコーヒー学 ?工学屋が探求する焙煎.抽出.粉砕.鑑定etc.](旭屋出版.2007年刊)は私の理論も参考にして書かれていまして、韓国ではベストセラーになっているようですね。最近は、韓国のお客様がよく見えますよ。ありがたいことです」
    小坂「豆本の実物が見たい方は、マリアッチを訪ねていただくといいですね」
    安藤「はい、手元に一冊だけありますので」
     1981年創業の老舗として、独自の理論で珈琲の海を突き進んでいく安藤さん。これからも「ほろにが」の一杯をよろしくお願いします。

    ◆自家焙煎マリアッチ
    鹿児島市武3-7-8 11:00-20:00 火曜日休み Pあり
    ほろにがマイルド500円
    http://mariachi-coffee.com/


    自家焙煎マリアッチの珈琲豆本

    自家焙煎マリアッチの珈琲豆本

    自家焙煎マリアッチの珈琲豆本

    自家焙煎マリアッチの珈琲豆本

    自家焙煎マリアッチの珈琲豆本